ファイナンシャルプランナー3級の試験内容

ファイナンシャルプランナー3級は、大きく学科試験と実技試験とに分けられます。

学科試験とは、問題がありその答えを選択肢の中から選んでいくというものです。

答えはマークシートに記載することになります。

シャーペンでも可能ですが、消しやすさや時間短縮を考えるのであれば鉛筆を持っていくことをおすすめします。

もしお困りのことがあればセミナーの福岡とお使い下さい。

60点満点で36点以上取れば合格となります。

試験時間は学科の場合、2時間となります。

60問ありますが、かなり時間に余裕がある試験です。

試験開始後60分から終了10分前までは途中退出することも可能になっています。

実技試験は計算問題です。

学科試験と違い、マークシートではありませんが、自分で計算する問題もあるため電卓の使用が認められています。

もちろん、携帯電話を電卓として使うことはできません。

こちらは50点満点で30点以上で合格です。

時間は1時間となっており、学科試験より短くなります。

学科試験ほど時間に余裕はないので、時間配分には気を付ける必要があります。

お探しにお困りであればファイナンシャルプランナーの福岡が助けになります。

コンテンツメニュー

リンク

Copyright © 2003 www.peac-japan.com All Rights Reserved.